TOP >ジャック・ラッセル・テリア >ジャックラッセルテリアの歴史
カテゴリ:犬の性格・特徴

ジャックラッセルテリアの歴史

2015-04-19

Amebaなうで紹介 Twitter

愛嬌のある小さな体に、勇敢さと、わんぱくなほどのエネルギッシュさを併せ持つジャックラッセルテリア。近年ではテレビCMにも起用されるなど、テリア犬の中でも人気と知名度の高い犬種です。

そんなジャックラッセルテリアにはどんな歴史があるのでしょうか、ご紹介していきましょう。

地面を潜る犬

「テリア」と名が付く犬種はたくさんありますが、テリア犬とはイギリスを中心に古くから活躍してきた狩猟犬を指します。ところで、この「テリア」という言葉の意味をご存知でしょうか。

「テリア」とは、ラテン語で「地面」を意味する "terra" という言葉に由来しています。その言葉の通り、テリア犬は地面にある巣穴を掘ったり潜ったりして、キツネやアナグマ・ネズミなどを追いかけていました。

動くものに敏感な性格も、ちょうど巣穴に入れるくらいの体のサイズも、狩りで活躍するために獲得した性質なのです。

生みの親ジョン・ラッセル牧師

もちろんジャックラッセルテリアもそうした狩りの歴史の中で生まれました。19世紀半ば、イギリスのデヴォン州でキツネ狩りの愛好家として知られていたジョン・ラッセル牧師がその生みの親です。

牧師はある日偶然出会ったテリア系の雌犬「トランプ」を見て、この犬を元によりキツネ狩りに適した犬を作り出そうと考えました。そしてトランプを元に様々なテリア犬やビーグルなどとの交配を繰り返し、ジャックラッセルテリアが生まれたのです。

「ジャック」というのはジョンの愛称で、つまりジャックラッセルテリアとは生みの親であるジョン・ラッセル牧師の名前が冠された犬ということになります。外国人は色々なものの名前に自分の名を冠することが好きですね。

現在のジャックラッセルテリア

現在日本において広く見られるジャックラッセルテリアは、オーストラリアで改良されたタイプであると言われています。

元々狩猟犬ゆえに気性が激しく、そのままでは家庭犬として不向きだったジャックラッセルテリアですが、このオーストラリア系のタイプは若干体格も小さく、元気いっぱいなところはそのままに、性格を比較的温厚にすることに成功しています。

一方、体高がやや高めでよりスクエア(体高と体長の差が小さい)な体格に近いものは、パーソン・ラッセル・テリアとして知られています。

まるでエネルギーの塊のようにいつも元気なジャックラッセルテリアですが、このような長い狩猟犬としての歴史が、その元気の源になっているのかもしれません。

家庭犬となった今ではその運動量を持て余していることも多いですので、ドッグランに出かけるなど、ジャックラッセルテリアとたくさん遊んであげてくださいね。

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!