TOPトイ・プードル
トイ・プードルブリーダーから直接、あなたへ|どうぶつひろば
どうぶつひろば はブリーダーさんと直接つながる

トイ・プードル

-Toy Poodle-

どうぶつひろば はブリーダー直販だから見学できて安心
  • トイ・プードルは数ある犬種の中でも指折りの飼いやすい犬種です。

    サイズが小さい
    小型犬の中でも小さな部類になります。最近ではトイ・プードルよりさらに小さなタイニープードルやティーカッププードルと呼ばれる極小のプードルも増えています。

    日本の過密な住宅環境にマッチしていることはもちろん、女性でも扱いやすいので、お散歩時も安心です。

    扱いやすい
    毎日のお散歩は、悪天候の日はもちろんのこと、ワンちゃんの汚物の処理もあって想像以上に大変です。特にご年配の方には負担となるでしょう。

    トイ・プードルは小型犬の中では運動好きなワンちゃんですから、お散歩はもちろん必要です。ですが、小柄で体重も軽いため、お散歩時の制御はとても簡単。グイグイ引っ張られて踏ん張らなくても大丈夫です。

    続きを読む…

  • 元々は中型犬に分類されるサイズだったスタンダード・プードルが時代のニーズと共に改良が施され、次第に小さくなって現在に至っています。その中で、現時点で国際的に認められている最小サイズのプードルがトイ・プードルなんですが、さらに小さなプードルもブリーダーを中心に認識が広まりつつあります。

    タイニープードル成犬時の体重が 2kg から 3kg 程度のトイプードル
    ティーカッププードル成犬時の体重が 2kg 未満のトイプードル
    プチプードル成犬時の体重が 1.5kg 未満のトイプードル

    もちろん小さな両親を持つトイ・プードルが全て小さいとは限りません。サイズは遺伝的な先天要素だけでなく、飼育方法のような後天的な要素も影響してきます。成犬時のサイズを幼少の頃に正確に把握することは難しいため、なるべく長く様子を見てサイズを特定するようにしましょう。…

    続きを読む…

  • トイ・プードルは明朗快活で天真爛漫な性格の持ち主。家族からの愛を一身に注いでほしいと望むワンちゃんです。ですから、しばらく構ってもらえなかったりすると悲しそうな泣き声をすることも。あなたの心を掴んで離さないでしょう。そして面白いことに、トイ・プードルは毛色によっても性格が違うと言われています。

    例えば、ブラックやホワイトのような原色のトイ・プードルは性格が安定しており、当たり外れが少ないと言われています。詳しくはこちらも参考にしてみてください。実際にトイ・プードルを選ぶ際にはブリーダーさんに両親の性格も聞いてみましょう。

    ■こんなに違う!犬の性格ートイプードル編

  • トイ・プードルは大人気であることもあり、比較的高価なワンちゃんです。価格は下のような様々な要素によって決まってきます。ご自身に合ったトイ・プードルを探すには、まずご自身の目的をしっかり持つことが大切です。

    例えば、一般家庭で普通に暮らすコンパニオンドッグとしてのトイ・プードルをお探しの方にショータイプのトイ・プードルはあまり意味がないと言えます。また、多少歯の噛み合わせが悪くとも日常生活には支障をきたしません。

    サイズ

    タイニー、ティーカップ、プチサイズなど、サイズが小さいほど人気が高く、価格も高くなる傾向があります。

    顔立ち・体つき

    トイ・プードルは元々マズルの長い犬種ですが、最近はマズルが短めのトイ・プードルが人気です。また、丸顔・クリクリおめめ、毛量が豊富など、可愛らしいトイ・プードルは高価になる傾向があります。

    体つきや足はバランスが取れているものが良いですが、最近は短足の子が愛らしく人気が出たりもしています。…

    続きを読む…

  • 名前や姿かたちから想像できるようにフランスを代表する犬種ですが、実はドイツともかかわりの深い犬種でもあります。プードルの語源はドイツ語にあり、元々、鳥猟犬として水中のカモ狩りなど活躍していた名残で「水がバシャバシャと跳ねる」と言う言葉から派生したとされています。

    その時、少しでも水の抵抗を少なくしようと無駄な毛を刈ったところから現在のカットスタイルが発展したと言いますから、歴史って面白いですね。

    16世紀中世フランスで貴婦人たちの抱き犬として人気を集めていたミニチュア・プードルが、18世紀頃にさらに小型に改良され、現在のトイ・プードルサイズになりました。19世紀になるとドッグショーにも登場するようになり、イギリスでプードルクラブが創設されると一躍人気者になりました。プードルはフランスの国犬です。

    続きを読む…

  • トイ・プードルは人と一緒にいることが大好きなワンちゃんです。いつもあなたにまとわり付いてくるでしょう。運動も大好きなので、一緒にボール遊びなどしてあげるととても喜びます。

    ジャンプも得意で、時にはこんなところまで登れるのかと驚くことも。とても賢い犬種でもありますから、アジリティーなどに参加してみるのも面白いかもしれませんね。ただ、華奢な足をしているので、脱臼をはじめとした足回りのケガには注意が必要です。

    過度に興奮させることはせず、適度な運動量を心がけてあげてください。特に子犬の時期は、体が十分成熟しておらず、また何事にも興奮しやすいですから注意が必要です。

  • トイ・プードルはお嬢様犬ですから、いつも綺麗にしてあげたいですよね。ズバリ、ポイントは被毛と耳のケアです。

    カールのかかった被毛は絡まったり毛玉になりやすく、手入れを怠ると逆にみすぼらしく見えてしまうばかりでなく皮膚疾患を引き起こすことも。毎日、ピンブラシやコームを使ったブラッシングで被毛を整えてあげてください。トイ・プードルは換毛せず被毛の伸びも早いのでトリミングは必須ですよ。月1回のトリミングをお勧めします。

    また、垂れ耳ですから耳の内側が蒸れやすく、放置すると雑菌が増殖して外耳炎になりやすい傾向があります。定期的に耳掃除をしてあげてくださいね。…

    続きを読む…

  • 見た目のかわいらしいトイプードルですが、実はトイプードルは色々な病気にかかりやすい犬種でもあります。愛らしさいっぱいのトイプードルといつまでも楽しく暮らしていくために、トイプードルのかかりやすい病気とその対策を知っておきましょう。

    トイプードルでまず気を付けたいのが膝の病気です。トイプードルは他犬種とは異なり、ジャンプすることが好きですが、飛び乗り・飛び降りの行動が膝への負担を高めてしまいますので、飼い主の方は注意が必要です。

    足をかばうようにあるく、ケンケンのようになる、一本だけ足をつかない、膝が腫れるなどの症状がある場合には膝蓋骨脱臼が疑われます。

    これは膝のお皿がずれてしまう病気で、後ろ足に発症し、ひどくなると手術が必要になるなど処置が難しく、費用もかかりますので、早めに病院へかかりましょう。

    軽度の場合は毎日10分程度の屈伸運動を行なったり、カルシウムの入ったサプリメントを飲ませることで悪化を防ぐことが可能です。

    続きを読む…

トイ・プードルの画像ひろば

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!