TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:フード・グッズ

はじめて犬を飼うときに用意すべき5つのグッズ

2014-04-04

Amebaなうで紹介 Twitter
何人に対しても「おもてなし」は大切なものです。それは東京にオリンピックを招致させるほどのパワーがあります。ただ、身近なところでも気遣う心を持つことを忘れてはなりませんね。

たとえば「おもてなし」は、はじめて愛犬を我が家に迎え入れるときにも言えることでしょう。これからペットになるとは言え、最初に訪れるときには犬もお客さんです。違和感なく生活できるように、あらかじめ「愛犬用のグッズ」をそろえておきましょう。
 
用意すべき5つのアイテム+α
まずはワンちゃんを迎える前に次のアイテムを必ず用意しましょう。

1.食べ慣れたフード
どこから譲り受ける場合でも、必ず「それまでどのようなものを食べていたか」を確認しましょう。いきなり新しい食べ物を与えると馴染まないことがあります。できればそれまで食べていたフードを1~2週間分くらいわけてもらうと良いですね。

今まで食べていたものを基準として選べば、失敗が少なくなります。その後は、犬の種類、年齢、身体の大きさによって、割合を徐々に変えながら新しいフードに変えていきましょう。

2.食器
人間にとって食事が楽しみなように、犬にとっても食事は楽しいもの。食事をより楽しくするための「食器」は、重要な役割を果たしているのです。食べながら食器が動いてしまうとイライラがたまってしまいますよね。より安定性のある、調度良いサイズのものを探しましょう。

金属製の食器はアレルギーを起こす可能性があるので、ステンレス製や陶器など、材質にもこだわりましょう。最近は早食いのワンちゃんのために、わざと食べにくくしたような食器もありますね。

3.ゲージorハウス
室内で飼うのならゲージ。室外で飼うのならハウスが一般的です。定位置を用意してあげることでしつけにもなりますし、愛犬を落ち着かせることもできます。トイレの練習、お留守番時の待機場所、寝床など、さまざまな用途がありますよ。あわせて、一緒に出かける場合に活用できるキャリーやバリケンなどもあると重宝します。

4.首輪&リード
犬が大好きなものと言えばやっぱり「お散歩」ですよね。首輪やリードを見せるだけで飛び跳ねて喜ぶ犬も少なくありません。これらのアイテムは、まさに犬と散歩を結びつけているのですね。種類も豊富にあり、色、形のバリエーションはもちろんのこと、丸洗いできるタイプのものや伸び縮みするものもあります。また、ダニやノミを寄せ付けないものもありますので、環境によって使い分けると良いでしょう。

5.トイレシート
ハウスやゲージでトイレの練習をさせるのは良いのですが、その際には「トイレシート」が必要になります。ダンボールや新聞紙で代用も可能なのですが、掃除が大変ですし衛生面での心配もあります。使い捨てタイプのトイレシートなら匂いや汚れを防止できますので、常備しておくと何かと便利ですよ。
その他にあるといいもの
その他の愛犬用アイテムには、ベッド、ブラッシング用品、シャンプー&リンス、歯磨きセット、爪切り、おもちゃ、消臭剤などがあります。まずは上で紹介した5つのグッズをそろえた後に、必要になってから買い求めると無駄がありません。
気持よく迎え入れよう
少しでも早く我が家に慣れてもらうために。気持よく迎え入れられる環境を、あらかじめ整えておきましょう。ともに楽しい日々を送ることができれば、家族みんなに笑顔が広がりますね。
 
 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!