TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:健康・病気・お手入れ

覚えておこう! 犬の心肺蘇生法「CPR」

2014-05-01

Amebaなうで紹介 Twitter

もし、大切な愛犬が急に倒れてしまった場合、あなたはどのような行動をおこしますか? 救急車を呼ぶ? 動物病院に連れて行く? たしかにそれらも大切です。

しかし、もし脈や呼吸が止まってしまっている場合、ほんの数分間が命取りになります。脳への酸素供給が5分断たれると、たとえ蘇生しても、脳に重大な後遺症が残ってしまう恐れがあるのです。

 

だからこそ、もしものことを考えて「犬の心肺蘇生法」について知っておく必要があるのです。今日はそんな蘇生法についてのお話です。

犬の心肺蘇生法「CPR」

犬の心肺蘇生法は次の手順で行います。

1.呼吸と脈の確認

まず最初に、脈と呼吸の確認をします。

脈を確認するには犬の体に手を添えて行います。触れる部分は、前足の手首にあたる部分、後ろ足のくるぶしの下と太ももの内側、左肘が胸部にあたる部分などがあります。人差し指と中指で確認しましょう。

呼吸の確認は、胸部の上下運動、口元から発する呼吸音、鼻先に手をあてた時に呼気を感じることができるか、などによって行います。

同時に、歯茎や唇の色、瞳孔の反応具合も確認しておきましょう。

2.脈があり呼吸がない場合

脈があり呼吸がない場合には、人工呼吸を行います。小さな犬の場合には、口と鼻をくわえこんで空気を吹き込みます。中型・大型犬の場合には、鼻だけをくわえこんで空気を吹き込みます。

気管が詰まっている場合には、「ハイムリック法」を行いましょう。犬を逆さまにして、あばら骨のすぐ下を両手で抱きかかえます。そのまま5回ほど強くしめつけたら、口元に異物がないかどうか確認してください。急に気がついて噛み付かれないように十分注意しながら行います。

3.脈も呼吸もない場合

脈も呼吸も確認できない場合には、心肺蘇生を行います。心臓マッサージと人工呼吸をセットで施しながら、あわせて蘇生確認をしていきます。

心臓マッサージは右半身を下にして寝かせ、肘が胸にあたる部分に手を置いて圧迫します。小型犬の場合には浅く5回ほど圧迫し、中型犬の場合には少し深めに5回ほど圧迫、大型犬の場合には同様に10回ほど圧迫します。人工呼吸のやり方は前述のとおりです。

危険は常に存在する

交通事故、病気、高い所からの転落、毒物の誤飲……。日常生活の中には、さまざまなな危険が存在しています。いざという時のために、迅速で的確な行動ができるようにしておきましょう。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!