TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:雑学・豆知識

飼う前に知っておきたい! 犬の生涯飼育費用

2014-05-05

Amebaなうで紹介 Twitter

社会生活を営むためにはお金が必要です。野生の動物ではなく、飼育されているペットにとっては飼い主の支出がなければ生活はできません。毎日の食事はもちろん、飼育のための道具も買い与えてあげる必要があるでしょう。

ただ、どのくらいの費用がかかるのかを正確に把握している人は少ないのではないのでしょうか。

最低でもおよそ100万円!

概算では、初期の購入費や去勢・不妊手術代を差し引いたとしても、小型犬でおおむね100万円程度、大型犬では200万前後かかるとされています(平均寿命12年換算)。人間の生活費と比べると格段に安価ではありますが、数字に表してみることで、実感がわく方も多いことでしょう。

犬の飼育にかかる費用

それでは、ステージごとの費用について細かく見ていきましょう。

■飼い始めの費用
犬の飼い始めに必要となる支出は次のとおりです。

購入費 数万円~
畜犬登録費 3,000円
狂犬病予防注射 3,500円
混合ワクチン接種 16,000円
健康診断費 3,000円~
生活用具の準備 3万円~

小型犬と大型犬で差はありますが、おおむね10万円~30万円程度かかる計算になります。

■毎年必要となる費用
次に、毎年必要となる費用を見ていきましょう。

<生活費>
食費 3万円~
おやつ 1万円~
ペットシーツ 1万円~
おもちゃ 2万円~
その他消耗品 5,000円

<医療費>
狂犬病予防注射 3,500円
混合ワクチン接種 8,000円
フィラリア予防薬 1万円
ノミ・ダニ予防 12,000円
健康診断費 4,000円

おおむね10万円から20万円程度かかる計算となります(年額)。

■その他の費用
その他にかかる費用としては、次のようなものがあります。

去勢手術費(オス) 2万~3万円
避妊手術費(メス) 3万~5万円
トリミング費用 5,000円~

これら以外にも、「シャンプー・トリミング、ペットホテル代」「しつけのための費用」や「不慮の事故や病気による治療費」がかかる場合があります。こちらに詳しくまとめてありますから、是非ご覧ください。

愛情とともに

犬の飼育には愛情が欠かせませんが、同時に、必要となるお金についても把握しておくことが大切です。できることなら、最初から最後まで不自由のない生活を送らせてあげましょう。それもまた、飼い主としての思いやりなのですから。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!