TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:健康・病気・お手入れ

チワワの遺伝子疾患 ペコ(泉門開口、モレラ)って?

2014-05-18

Amebaなうで紹介 Twitter

犬には現在、世界に非公認犬種を含めて700 ~800もの犬種があると言われていますが、それらどの犬種にも「遺伝性疾患」というものが存在します。長い時間をかけて人間の手によって品種改良がなされた結果、同じ特徴を持った個体同士が掛け合わされて更に強い特徴となり、それを繰り返していくうちに犬種固有の疾患として根付いてしまったものです。

ここではそんな遺伝性疾患のうちの一つ、チワワに固有の「ペコ(泉門開口)」について解説します。

ペコって何?

「ペコ(泉門開口)」とは、別名をモレラとも言い、ほとんどのチワワの子犬が持っている病気だと言われています。具体的な症状としては、頭蓋骨の上、頭頂部のあたりに、頭蓋骨に覆われていない穴のようなものが開いており、触るとやわらかい、などという症状のことです。

どうしてペコになるの?

これは、全身の骨が形成される過程において、頭蓋骨頂部の骨が未発達であるために起こる症状です。実は、人間の赤ちゃんにも同じような穴は存在します。チワワは遺伝的にこのペコが発生しやすい犬種です。

通常このる穴は、成長にともなって頭蓋骨が発達していく過程で、およそ数ヶ月で閉じます。それゆえ、あまり心配するような症状ではありませんが、生後間もない子犬の時期には、頭頂部を保護してくれるはずの頭蓋骨が無いわけですから、頭部に強い衝撃を与えないなどの注意が必要です。場合によっては脳を損傷してしまう場合もあるんですよ。

どうすればいいの?

生後一年経ってもこの穴が塞がらないなどの場合は、将来水頭症を発症するリスクがあります。水頭症とは、この頭蓋骨に開いた穴が塞がらないがために、脳液と呼ばれる液体が頭のなかに溜まり、次第に脳を圧迫してさまざまな神経障害などを起こすというものです。

ただ、この穴が塞がらなくても、一生水頭症を発症しない場合もあります。また、穴の大きさがおよそパチンコ玉や小指の先程度であれば、日常生活に支障を来すことはあまりないでしょう。

いずれにせよ、成犬になってもまだ頭頂部がやわらかく、気になる場合は、動物病院を受診し、獣医師の先生の診察を受けることをお勧めします。もちろん日頃から頭部の衝撃には気をつけてあげてくださいね。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!