TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:犬の性格・特徴

柴犬は飼いやすい? 飼い主の感想と評価

2014-05-29

Amebaなうで紹介 Twitter

柴犬の飼いやすさ見かけの可愛らしい小型犬が注目を集める中、依然として根強い人気を保ち続けているのが、ご存じ「柴犬」。柴犬は日本ではもちろんのこと、最近では海外でも人気が出てきました。そんな柴犬、実際に飼ってみるとどんな感じなんでしょうか?

無駄吠えやお散歩・しつけなど、柴犬を飼う上で話題になりがちな6つの項目について、実際に柴犬を飼っている方の情報を元に飼いやすさを採点してみました。

トイプードルの飼いやすさ表
トイプードルの飼いやすさ評価

柴犬の無駄吠え(評価:★★★★☆)
シャンプーなど、嫌なことをしようとすると心から悲しそうな声を出します。
知らない人や犬・猫などが来たときは吠えますが、普段はおとなしいものです。あと、救急車には遠吠えしますね。
散歩で他のワンちゃんに会って吠えられても、こちらから吠えたりすることはないですね。
吠えるときは吠えますが、無駄吠えといった感じではなく、必要なときだけ吠える感じですね。
中型犬だし、吠えるときはやっぱりうるさい

柴犬は本来、無駄吠えをする犬種ではありませんが、番犬特性があるように、必要なときにだけ吠える賢い犬です。ですから、見知らぬ人や動くものなどを見つけた際には吠え立てることはあります。皆さんも柴犬に吠えられた経験はありませんか?

もちろんそう言った番犬目的で吠えることも望まれない飼い主もおられるでしょう。その場合は、ブリーダーと相談するなどして吠えにくい傾向の柴犬を譲って頂く必要があります。最近は愛玩目的のおとなしい柴犬も増えてきました。

柴犬が無駄吠えをする場合は、何か「心が満たされない」原因があることが多いです。外飼いであまり構ってもらえない場合や、去勢手術を行っておらず性的ストレスが溜まっている場合、しつけが出来ておらず主従が逆転している場合などが一例です。

また、柴犬は大袈裟な犬としても知られます。シャンプーや耳掃除など自分のされたくないことをされるときに激しく抵抗して鳴きわめくことがあります。

柴犬の臭い(評価:★★★☆☆)
室内飼いですが、それほど臭いがきついと思ったことはないですね。
田舎なので外飼いしています。小屋や毛布に染み付いた独特の犬臭がやっぱりありますね。
「少し臭うな」と思ったらシャンプーに連れて行っています。2ヶ月に1回ぐらいです。
柴犬を2頭室内飼いしています。お客様が来るとやっぱり犬を飼っているって分かるみたいです。
外飼いなので、土などの汚れと一緒になって臭いがしますね。肉球もけっこう臭いですよ。

柴犬はそれほど臭いの強い犬種ではありませんが、中型犬なので外飼いの方も多いですよね。外で飼うとどうしても臭いが強くなってしまうのはある程度仕方ありません。室内飼いの場合は、散歩帰りのお手入れや定期的なシャンプーをしていればそれほど気になることはないはずです。

また、柴犬はキレイ好きな犬でもありますので、トイレは生活の場から離れた場所でしてくれるでしょう。臭いや汚れが気になったら、蒸しタオルなどで体をゴシゴシ拭いてあげるだけでも結構違ってきますよ。

外飼いの場合も考慮して評価を3点にしましたが、室内飼いの場合は4点でもいいかもしれませんね。

柴犬の散歩量(評価:★★☆☆☆)
少し小柄の柴犬ですが、ぐいぐい引っ張っていきます。女性はなかなか大変じゃないかな。
毎日庭をよく走り回っています。庭で遊ぶので、散歩量は少し短く20分ぐらいにしています。
子供と毎日散歩に連れて行く約束をして飼い始めましたが、最近はサボりがちで困っています。
日中は散歩に行けないので夜に1時間ほど出かけています。
先日、田舎に里帰りするときに連れて行ったのですが、びっくりするぐらい走り回って遊んでいました。日頃ストレスが溜まっていたんだなと思いました。
散歩にあまり連れて行けないせいか、穴掘り癖でハウスの周りはデコボコです。

柴犬はとても活発な犬種です。「散歩」という言葉を聞くと目を輝かせてソワソワし始め、外に出れば草木の匂いをあちこち嗅いで右往左往とグイグイ歩き回ります。走るのも大好きで、本当はお散歩時にも走らせてあげたいのですが、なかなか飼い主もそんな体力がないですよね。

お散歩は覚悟しておいた方が良いでしょう。また、お散歩に自信のない方は、庭やベランダの有効活用や、週末にドッグランに連れて行くなど工夫を考えてみましょう。どうしても散歩に連れて行けないのであれば、柴犬を飼うことを考え直した方が良いかもしれませんね。

柴犬の抜け毛と手入れ(評価:★★☆☆☆)
春先の換毛期には体中に死毛が浮いてきてびっくりするぐらい抜けます。
お散歩から帰って家に入れる前にブラッシングをしています。ブラッシングは好きみたい。
家の中ではコロコロは必須ですよ。掃除機もマメにしています。ゴミの量がまたすごい!
室内飼いですが、柴犬を入れる部屋を決めてそこ以外には入れないようにしています。
抜け毛が多いとは聞いていましたが、まさかここまで多いとは思いませんでした。ちょっと後悔。
抜け毛の掃除は大変ですが、それ以外の手入れは特に必要ないので割り切りでしょうか。

柴犬はとても抜け毛の多い犬種です。被毛がぎっしり密集して生えていて、まるで食べたご飯は全て毛になっているんじゃないかと思うほど。抜け毛が気になる方や抜け毛アレルギーの方は遠慮した方がいい犬種です。

また、抜け毛以外にも爪切りやシャンプーなどを極端に嫌がるのも柴犬に多いの特徴。押さえつけても必死に暴れる姿はトリミングサロンなどでよく目にします。ご自身でお手入れする際には注意してくださいね。

一方で抜け毛以外の手入れはそれほど手間がかかりません。日本の季節環境にマッチしていますし、何でもよく食べ、病気に強く、体も大きく丈夫でケガにも強いです。

柴犬のしつけ(評価:★★★★☆)
トイレは外でしかしないので助かります。その分、散歩は欠かせませんね。
何度も繰り返しやっているうちにできるようになりました。継続は力なりですね。
トイレのしつけは特に苦労することもなく、決めた場所にきちんとしてくれました。
おすわり・お手・おかわり・伏せなど、ご飯のタイミングで教えることですぐ覚えてくれました。
勝手にドアを開けて出て行くなど、教えてもいないことも含めてよく覚えますね。
食い意地が張っているせいか、「待て」だけはいまだに覚えてくれません。

柴犬は飼い主との主従を重んじる犬種ですので、信頼関係が構築されているほどしつけが入りやすい傾向があると言えます。逆に信頼関係が希薄であったり逆転していたりすると、要求吠えをはじめ、何かを指示されることを嫌がるわがままな犬になってしまうことも。

どんなワンちゃんにも言えることですが、かわいいからと言って甘やかすだけにせず、きちんと躾をしてあげてください。それがワンちゃんのためでもあります。

柴犬の費用(評価:★★★★★)
皮膚病になってしまっているので、その分の治療費が余計にかかっています。
食費ぐらいで後はそれほどかからない感じです。シャンプーも自宅のお風呂で頑張っています。
飼い始めのときに犬小屋や首輪・リード・去勢手術などの費用が思っていた以上にかかった気がします。
定期的に必要なのは、フード・おやつ・トイレシーツ・コロコロ・予防接種代ぐらいです。シャンプーは年末以外は自分でやっています。
年も取ってきたのでシャンプーはお店にお願いすることにしています。トリミングがない分、安上がりですね。

柴犬はフードなど、必要なもの以外に費用があまりかからない犬種です。また、トイレを外で済ませるケースが多いのも散歩好きな柴犬の特徴で、うまくすればペットシーツが必要ないかもしれませんね。さらには体が丈夫で病気にもかかりにくいので医療費が安く押さえられる傾向があります。

一方で中型犬ですから、ご飯やおやつの量、ペットホテルの料金などは小型犬などに比べて高め。ただ、トリミングは必要なくシャンプーだけでよいので、全体的に見て、柴犬はとてもパフォーマンスの良い犬種と言えるでしょう。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!