TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:話題・オススメ情報

保護犬と楽しくふれあえる「HOGOKEN CAFE」

2014-06-16

Amebaなうで紹介 Twitter

動物と気軽にふれあえる喫茶店の代表格と言えば「猫カフェ」です。たとえ自分で飼うことができなくても、一緒に遊べる場所があるのは、動物好きには嬉しいですよね。

最近では、犬にふれあえるカフェもあるそうです。その名も「HOGOKEN CAFE」。ここには、普通の犬ではなく、捨てられたり逃げてしまった保護犬がたくさん飼育されています。しかもこのカフェ。なんと、条件さえ合えば里親として犬を持ち帰ることもできるそうですよ。ただし、そのための条件はけっして甘くありません。

保護犬カフェ

里親になるための「5つの約束」

「HOGOKEN CAFE」では、里親希望者に対し、5つの約束をお願いしています。

1.マイクロチップの装着
こちらで保護されている保護犬にはマイクロチップが装着されています。これにより、迷子になってしまったり、災害時に行方不明になったときにも、リーダーを読み取ることで元の飼い主を見つけることができるのです。結果として、殺処分を防ぐことにつながります。

2.狂犬病の予防接種
現在の日本に狂犬病はありませんが、海外から入ってくる可能性はゼロではありません。そのため、里親の元に行く前に狂犬病の予防接種を行っています。愛犬のためにも、また、周囲の動物のためにも狂犬病の予防接種は必要なのです。

3.混合ワクチン接種
 また、伝染病を防ぐためには混合ワクチンの接種が欠かせません。混合ワクチンは免疫力を維持するために、毎年1回は接種すべきです。保護犬の場合には、過去の接種状況が分からないため、里親に引き渡されれる前に接種します。

4.ペット保険への加入
犬をはじめとするペットの長寿命化により、医療費の負担は年々増加傾向にあります。軽度のものならまだしも、入院や手術を伴うものともなれば、高額の治療費を請求されることもしばしば。そういった状況に対応するためにも、ペット保険への加入をお願いしています。

5.避妊・去勢
避妊や去勢を推奨している背景には、飼育放棄による殺処分があります。たとえ愛情をもって育てていても、望まない仔犬がたくさん生まれてしまえば、手に負えなくなる可能性があるのです。安易な気持ちで繁殖させないためにも、避妊・去勢を推奨しています。

責任をもって育てていく

その他にも、ヒアリングシートや契約書への記入、里親特別会員への登録、飼育に必要なグッズの用意、引き渡し後の定期的な連絡など、里親になるためにしなければならないことはたくさんあります。しかし、殺処分を減らすためには、それだけ厳格な規定を設けなければならないのですね。

失われた命は二度と戻ってきません。だからこそ、管理者も飼育者も、全力で“失わせない努力”をしなければならないのです。

HOGOKEN CAFE

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!