TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:犬の性格・特徴

愛犬家必見! 犬の性格には7つのグループがあった

2014-10-18

Amebaなうで紹介 Twitter

人間にはさまざまな性格の人がいます。いつも温厚な人もいれば、すぐに怒ってしまう人もいますし、粘り強い人やあきらめやすい人、頑固な人など、千差万別ですね。そうした違いが個々人の魅力となり、相性の良し悪しを左右したり、付き合うかどうかの尺度となるのです。

ただ、それぞれの性格が異なるのは、どうやら人間だけではないようです。最近の研究結果によると、犬にも性格の違いがあるとのこと。ひとつの指標としては、「犬種の違い」によって性格の相違に一定の方向性があるそうですよ。

犬の性格をわける7つのグループ

具体的には、犬の性格は次の「7つのグループ」に分類されます。

1.スポーティング

いわゆる「鳥猟犬」と呼ばれるグループです。かつては鳥のハンティングに活用されていた犬種で、レトリーバースパニエル、セターなどが該当します。賢く従順でありながら温厚な性格なので、しつけがしやすいのが特徴ですね。大型犬が多いとされています。

2.テリア

テリアは「獣猟犬」に分類されます。獣猟犬とは言ってもターゲットは小動物。そのため、ワイヤー・フォックス・テリアやミニチュア・シュナウザーなどの小型犬が多いとされています。好奇心旺盛で活発な反面、頑固な一面も。

3.ハウンド

こちらはテリア以外の「獣猟犬」です。ビーグルやミニチュア・ダックスフンド、ボルゾイなどが該当します。嗅覚や視覚が優れており、運動神経も抜群。よく吠え、運動が大好きなので、一緒に遊んであげると喜びます。

4.ハーディング

ハーディングは「牧畜犬」に分類されます。人と一緒に家畜の管理を行えるだけの頭脳とスタミナがあり、競技大会に出場するほどの優秀さも兼ね備えています。

ウェルシュ・コーギーやボーダー・コリーなど、従順な性格の犬種が多いですね。

5.ワーキング

ワーキングは、その名の通り「作業犬」です。救助や護衛などを行う警察犬や救助犬として働いています。もともと攻撃性が強い性格をしていますが、しつけをすることで、しっかりと仕事をこなしてくれるようになります。

6.トイ

人に飼われることを目的に改良を加えられたのが「愛玩犬」と呼ばれるトイです。性格には個体差がありますが、人の感情を読みやすいという共通点も。チワワやパピヨン、トイプードル、ヨークシャテリアなどが該当します。

7.ノン・スポーティング

上記の6グループに所属していない犬種は「ノン・スポーティング」に分類されます。ダルメシアンやブルドッグ、柴犬などが該当します。もともとのルーツがハーディングやトイなどの場合もあり、性格はそれぞれ異なります。

個別にできる性格診断も

また、飼っている犬の性格を個別に診断したい場合には、「楽観的」か「悲観的」かを判断する方法が有効とのこと。もしかしたら、飼い主さんに似ているという傾向がみられるかもしれませんね。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!