TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:話題・オススメ情報

増える老犬の存在 「老犬ホーム」の役割と今後の課題とは

2014-10-28

Amebaなうで紹介 Twitter

日本では少子高齢化が社会問題となっています。支える若者よりも支えられる存在の高齢者が多くなってしまえば、それだけ社会が不安定になってしまいますよね。今後はのかもしれません。

ただ、高齢化しているのは人だけではありません。犬もまた高齢化しているのです。

世話ができなくなったら

ここ数年で、犬の平均寿命は延びています。ペットフード協会の調査によると、2010年時には13.9歳だったのが、2013年には14.2歳になっているとのこと。それだけ、老犬を世話する機会が増えているということですね。ただ、飼い主によっては、十分に世話をすることができない場合も。そこで今注、目されているのが「老犬ホーム」です。

「老犬ホーム」とは

老犬ホームの内容は次のとおりです。

1.世話の代行

老犬ホームの基本的な業務は、高齢化したペットの飼育代行です。改正動物愛護法によって、終生飼養の徹底が強化されたこともあり、今後はさらに需要が伸びると期待されています。サービスの質や設備に関しても向上することでしょう。

2.金額はマチマチ

それぞれの老犬ホームによって料金体系はさまざまです。月額数万円から受け入れてくれる老犬ホームもあれば、終生世話をする契約で100万円以上かかるところも。内容をよく確認してから、申し込みするようにしたいですね。

3.厳しい基準をクリアして

老犬ホームは、環境省が定める「譲受飼養」の登録がなされている業者が運営しています。立地や設備などはそれぞれ異なっていますが、「施設が清潔あること」「十分な広さがあること」「運動時間が確保されていること」「必要に応じて獣医師の診療が受けられること」といった基準をクリアしている必要があります。

できれば最後まで

できることなら、最後まで同じ飼い主さんが飼ってあげることが一番です。しかし現状では、さまざまな事情によって、それが難しいという実態も。

だからといって、殺処分という悲惨な選択をしてしまうのは、あまりに可愛そうですよね。老犬ホームの存在は、今後の社会にとって、無くてはならない存在となるかもしれません。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!