TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:犬の性格・特徴

シーズーって飼いやすい!? 飼い主の感想と評価

2014-11-15

Amebaなうで紹介 Twitter

一風変わった風貌ながら、人懐っこくて大人しいことで人気のあるシーズー。動きもゆったりしていることから、ご高齢の方に特に人気の高い犬種でもあります。

そんな愛らしいシーズーを実際に飼ってみるとどんな感じなのでしょうか。無駄吠えやお散歩・しつけなど、シーズーを飼う上でポイントとなる6つの項目について、実際にシーズーを飼っている方の声を元に採点してみました。

シーズーの飼いやすさ表
シーズーの飼いやすさ評価

シーズーの無駄吠え(★★★★★)
大人しい犬種をと思って飼ったシーズーですが、評判通り吠えたりはしません。とってもいい子です。
人や犬が近づいてきても吠えません。ただ、食べ物が欲しいときは要求吠えをすることがありますね。
夜寝るときはケージに入れていますが、朝になると吠え出します。出して欲しいのだとは思うのですが、もう少し遅くに起きて欲しいな。
シニアになってきてさらに吠えなくなりました。家族と一緒にいると安心するようで、大人しく足下にいることが多いですね。
お出かけ中も一人で静かにしていてくれているようです。ご近所さんからも「大人しいね~」と褒められますよ。
少し臆病なようで、少しの物音にもよく吠えます。長時間は吠えないのでまだマシですが、シーズーにしては吠えると思います。

シーズーは安定的に大人しく無駄吠えしない子が多いようです。吠えるにしても何にでも吠え立てるのではなく、ある特定のシーンのみ吠えると言った限定的な吠え方をする傾向があるようです。

マンションやアパートのような集合住宅でも飼いやすい犬種と言えるでしょう。もちろん、度が過ぎる要求吠えには毅然とした態度で臨むなど、しつけも忘れずにしてくださいね。

シーズーの臭い(★★★☆☆)
元々脂っこい体質なこともあり、顔にヨダレが付いたりと臭いが気になることがあります。
目ヤニが出やすく、顔周りが臭うことがあります。自宅でこまめにお風呂に入れるなどしています。
外耳炎になってしまい、耳の中から異臭がするようになりました。病院に通っています。
顔周りが臭うので、トリミングサロンから帰ってくると、顔の臭いを確かめちゃいますね。
鼻が短いので食べカスが顔に付きます。ご飯の後は顔を拭いてあげるようにしています。
トリミングに出すと耳の中の毛も抜いてもらえるので、耳を清潔に保てていいですね。

シーズーはきれい好きな犬種と言われますが、お顔周りを綺麗に保つのは苦手なようです。

シーズーを飼う際には、お顔やお耳の手入れをするよう心がけることが大切だと言えるでしょう。

シーズーの散歩量(★★★★★)
トイレは室内でしますし複数頭いるので、散歩はたまにしか出かけていません。
1日1回、家の周りを20分ほど散歩しています。本人はけっこう満足した様子で、1日2回は必要なさそうです。
運動不足で肥満体型になってきたこともあって、最近は朝晩と積極的に散歩に出るようにしています。
「散歩」と言うと喜んで玄関まで走って行きます。途中で家に戻ろうとすると全身で嫌がります。1時間ぐらいは行ってますね。
昔は良く歩いた(走った?)うちの子も、年齢を重ねるにつれて出かける距離も短くなりました。1kmぐらい歩けばいい方ですね。
雨に濡れるのがイヤなようで、晴れた日だけ出かけています。朝は10分ほど、夜は食後に30分ぐらいを目安にしています。

シーズーは他の小型犬と比べても運動量が少ない犬種で、ご高齢の方でも落ち着いて飼うことができる犬種です。

お散歩の量も少なくて済むため、中にはお散歩に連れて行かない飼い主さんも見かけますが、お散歩は運動不足や肥満の解消効果があるだけでなく、犬同士の社会勉強やストレスの発散、新しい経験の獲得などいろいろな良い要素がありますので、なるべく出かけるようにしたいものです。

シーズーの抜け毛と手入れ(★★★★☆)
前に飼っていた犬種はよく抜けたのですが、シーズーは毛が抜けなくて本当に助かりますね。
毛を伸ばしているのですが、手足の毛玉がすごくできてしまって、サロンで整えてもらう時も大変なようです。
抜け毛は全く抜けないと言うことはないですが、ほとんど気になりませんね。ブラッシングもしています。
顔周りが汚れやすく、ニオイがすることがあるので、こまめに拭いてあげています。
ブラッシングの時に耳や顔も拭いてあげています。耳は掃除しすぎるのも炎症を起こしてよくないようです。
抜け毛はなくていいですが、ボサボサした感じになるので、暇を見つけて梳いてあげています。

シーズーは抜け毛がほとんどなく、家の中を清潔に保てることでも人気の高い犬種です。抜け毛だけなら星5つでしょう。

一方、毛が抜けないと言うことは毛が伸びると言うことでもあり、伸びた毛の手入れを怠ると、汚れなども付着してみすぼらしい感じに見えてしまいます。

特に顔周りは目やにや食べかすなどが付着し、垂れ耳なので耳の病気にもなりやすく、放置すると臭いを発してしまうことも。こまめに手入れを行って、清潔に保ってあげるようにしましょう。

シーズーのしつけ(★★★★☆)
トイレはすぐに覚えてくれました。マテやオスワリもちゃんとできますよ。おやつを使うのがポイントです。
チャイムや物音など、知らないものに吠える癖があります。許せる範囲なので特にしつけはしていません。
家に迎えてすぐは甘噛みがありましたが、注意することですぐになくなりました。オスワリやフセもすぐに覚えてくれました。
食糞が直りません。すぐに取るようにはしているのですが、外出時やちょっとした隙にやってしまっていることが多いですね。
しつけと言うほどのことを仰々しくやらなくても、シーズーは飼いやすい犬種ですし、うまくやっていけてますね。

一般に大人しく、人懐っこいと言われるシーズーですが、遺伝的な特性や幼少時からの育て方なども影響して、シーズーにもいろいろな性格の子がいます。

一度にたくさんのことを教えるのではなく、必要なものから1つずつ、じっくりとしつけていくようにしましょう。

シーズーの費用(★★★★☆)
フード代はあまりかかっていません。病気にならないように気をつけたいですね。
毛を伸ばしていることもあって、トリミングに連れて行くともつれ料金が余計にかかってしまいます。
あまりお金はかかっていないと思いますが、暑さが苦手なので夏の電気代はかかってるかな。
子犬の頃は色んなものをかじったりするので、修繕費がいりましたね。
月に一度のトリミング代が 5,000円ほどで、フードやペットシーツなどはそんなに負担ではないです。
腫瘍が見つかって手術をしたことがありますが、入院費なども含めて結構かかります。全額自己負担ですからね。

シーズーは比較的少食で、食べ物にあまりお金のかからない犬種のようです。一方、室内犬ですからペットシーツのような消耗品は定期的に必要となってくるでしょう。

美容に関しては、シーズーは毛が抜けず伸びていきますから、定期的なトリミングが必要です。放置すると見た目が悪くなるばかりか毛玉や汚れが付着して病気の温床にもなりかねません。

定期的な手入れを行って清潔に過ごせるよう心がけましょう。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!