TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:雑学・豆知識

犬の行動雑学-犬がお腹を見せて服従のポーズをするのはなぜ?

2015-01-19

Amebaなうで紹介 Twitter

犬がお腹を見せると、ついつい可愛くて優しくなでてあげたくなるものです。よく「ヘソ天」とも言いますが、お腹を出して無防備な状態で寝ている姿を見ると、安心しきっている姿にこちらも癒されます。

ところで、犬の本能や習性はオオカミの行動の名残と言われており、犬がお腹を見せる行為は一般的には「服従」の意味があるとされていますが、実際には他にも様々な意味があるようです。早速、それぞれ見ていきましょう。

「服従」は犬同士のコミュニケーションにも大切な行動

服従とは、群れの中で下位の者が上位の者に行うものです。犬同士の中でも、この服従がお腹を見せるという行動になって現れます。

犬も、出会った時からお互いにどちらが上なのか、ちょっと時間が経てばわかるものです。牙を出してお互いの強さを確認したりすることもあれば、出会った時からすぐに仲良くなる犬もいます。

傷を負ったら致命傷になるお腹を見せて服従・降参

犬のお腹は皮膚も薄くて傷つきやすい、まさに弱点になります。もし、自然界だったらあっという間に傷つけられてしまうのです。

お腹を見せることで、「あなたには敵意がありません。私が下ですよ。」と伝えているのです。また、相手に対して、それ以上の争いにならないように「もう降参」、「何もしないから、落ち着いて」と伝えていることもあります。

生物学的には、このようなポーズによって不用意な争いを必要最小限に食い止めることで、種の繁栄を獲得したとも言えるでしょう。

「信頼」や「友好」の証

子犬は母犬に対してお腹を見せることがあります。これは、母犬に体を舐めてもらいたいときにする行為であり、母犬に対して「信頼」を置いている証でもあります。

この習性は大人になっても消えることなく、飼い主のみならず友好関係を築きたい人間に対してお腹を見せることで、敵意がないことを知らせると共に友好と愛情を求めているのです。

愛犬がお腹を見せて甘えてきたら、優しく声をかけながらさすってあげましょう。

多様化するお腹を見せる行為

お腹を見せることで飼い主さんに構ってもらえることを知っている賢い犬もいます。この時は服従や友好ではなく、ただ単純にこのポーズを取って飼い主さんが要望どおりにしてくれることを待っていることもあるのです。

もちろんこれも服従や信頼としての行為が派生したものと考えられますが、ひょっとしたら自分への愛を確認しているのかもしれませんね。

犬がお腹を見せてきたら、その場の状況や体の緊張具合、尻尾の振り方なども見て総合的に判断することが、飼い主として犬との大切なコミュニケーションになるのです。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!