TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:雑学・豆知識

犬の行動雑学-犬が散歩中にリードを引っ張るのはなぜ?

2015-01-27

Amebaなうで紹介 Twitter

飼い犬を散歩させるとき、犬が飼い主より前を歩いてリードを引っ張ることがよくあります。

普段狭い家の中や敷地にいるから、「散歩のときくらいは好きなところに行かせてあげたい」という飼い主さんの気持ちはわかります。しかし、リードを引っ張る犬は興奮状態のことが多く、もし他の家の犬や通行人などに近づいていった場合に、飼い主の力では制御できず予期せぬトラブルにもつながる、ということも起こりかねません。

外の世界は刺激がたくさん

一日の多くを家の中や狭い敷地内で過ごしている犬にとって、散歩で見る外の世界は刺激に満ちています。特に幼犬や若犬は好奇心が旺盛で、見るもの聞くもの全てに興味深々です。犬がリードを引っ張るのは、興奮して飼い主の言うことに耳をかさないのが大きな原因です。

また、身体能力的に犬の方が歩くペースが速いため、どうしても引っ張り気味になってしまうと言う力関係もあるでしょう。

さらに、専門用語で「抵抗反射」と呼ばれる現象があります。犬は、首に圧力が加わると反射的に前傾姿勢になろうとする習性があるため、首が絞まってゼィゼィ言いながらも前に進もうとすることがあります。よく知られるのは、シベリアンハスキーやサモエドのようなソリを引く犬種ですね。

散歩前から戦いは始まっている?

家では言うことを聞くのに、散歩の時だけリードを引っ張る癖をやめない、という話をよく聞きます。これは、日々の散歩で犬の行動を制御せず、好きなところに行かせているからです。そしてこの行動は、散歩前から前兆がある場合が多いようです。

散歩に行こうとリードを用意すると、「これから散歩だ」と習慣的に知っている犬は、一気に散歩モードに突入し興奮します。興奮するだけならいいのですが、家の中や敷地内でリードをつけると、飼い主を待たずに家の外に行こうと先導してしまいます。

自分がリーダーだと思っている?

一説には、犬が散歩中にリードを引っ張るのは、犬が自分が「リーダー」で、リードを引く飼い主が「従者」と思っているからだと言う説があります。

確かに、行き先の決定権を持ってグイグイとリードを引っ張る仕草はそのように見えるかもしれません。しかし一方で、放し飼いの犬にリードを付けても引っ張らないことが確認されていることもあって、自分自身をリーダーと思う説には少し無理があると言えるでしょう。

どちらにせよ、グイグイ引っ張るのは見た目が良くないばかりか、万が一リードが外れたり千切れたときに事故にもなりかねませんので、しっかりとリーダーウォークをしつけるようにしましょう。くれぐれもワンちゃんに「散歩される」ようなことがないようにしましょうね。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!