TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:犬の性格・特徴

シーズーのお散歩は必要?

2015-03-16

Amebaなうで紹介 Twitter

小型犬のシーズーは室内で飼われている場合がほとんですよね。中には昔シーズーが王族犬であったときのように室内から出さずに飼われている方もいるかもしれません。そんな室内がよく似合うシーズーですが、お散歩は本当に必要ないのでしょうか?

それでもお散歩は必要なんです

確かに、大型犬や他の活発な小型犬と比べれば必要な運動量ははるかに少ないですし、いざお散歩に出かけてもあまり歩かなかったり嬉しそうにしなかったりと、「お散歩は必要ないかな?」と思わせるような一面も持ち合わせている子もいるでしょう

しかし、お散歩をする事で得られるメリットは沢山あり、シーズーとコミュニケーションを取る貴重な時間でもあるのです。

散歩に行く前に

散歩に行く前にはちょっとだけ準備をします。散歩に行く時の天気や時間帯はどうか、それにより洋服を着るのか着ないのか、歩くのに支障が出るほど爪が伸び過ぎていないかなどを確認しましょう。雨など悪天候の日は無理にお散歩に行かなくとも大丈夫ですから、トイレができるようにだけ工夫してあげてください。

また、マズルが短い犬種なので呼吸に負担が掛からない様、首輪より胴輪での散歩が好ましいです。

社会性を身につける

シーズー自体元々愛玩用に改良をされてきた飼いやすい犬種ではありますが、中にはシャイな性格の犬もいます。一生涯飼い主が面倒みるのは当然ですが、どうしても飼い主と離れなければならない時もあるでしょう。

例えばトリミングでトリマーに預ける、ペットホテルを利用する、病気で動物病院に入院するなどやむを得ない時があります。

そんな時に人馴れしていなかったり、環境の変化について行けない性格だと、シーズーにはかなりの精神的ストレスが掛かります。普段から少しでも家族以外の人や動物、環境に触れる機会があれば、この様な問題が起きにくくなります。

さらに、1頭のみ飼っているシーズーの場合は、散歩に出かけることによって他の犬と触れ合う機会も持つ事ができ、犬同士のコミュニケーションの取り方も学習出来ます。人と同じように様々な環境や触れ合いがシーズーを成長させるのです。

体調管理にも役立つ

普段家の中だけでは気付かない体調の変化のチェックにも散歩は役立ちます。歩き方や散歩量、ウンチの状態などに変化がないか観察してください。

爪が伸びていたり股関節や膝などを痛めている場合は、足をかばうように歩く姿が見られるはずです。また、散歩量自体も少なくなるでしょう。少し歩いただけですぐに休んだりするのであれば、肥満や他の体調不良の発見にもつながります。

いずれにしても、散歩によってシーズーが得るメリットは沢山あります。飼い主の皆さんは是非お散歩にでかけてくださいね。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!