TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:犬の性格・特徴

ヨークシャーテリアの歴史

2015-06-05

Amebaなうで紹介 Twitter

「ヨーキー」の通称でお馴染みの、ヨークシャーテリア。光沢のある長い被毛が特徴的で、その美しさから「動く宝石」と呼ばれ、世界中で愛されてきた犬種です。それだけに愛玩犬のイメージが強いヨークシャーテリアですが、実は元々れっきとした労働に従事する犬だったのです。

では、そんなちょっと意外なヨークシャーテリアたちの歴史についてご紹介していきましょう。

産業革命後のイギリスで誕生

19世紀中頃、イギリスのヨークシャー地方では、産業革命によって機械化された紡績工場が増え、スコットランドなどから多くの労働者が仕事を求めて移住してきました。彼ら移住者が持ち込んだウォーターサイド・テリアという犬と、元々ヨークシャー地方にいたテリア犬などを交配させて作出されたのがヨークシャーテリアです。

諸説ありますが、スカイ・テリア、ブロークンヘアード・テリア、クライズデール・テリア、そしてマルチーズなどの血を受け継いでいるとも言われています。そうして生まれたヨークシャーテリアですが、彼らに任された仕事とは、何と「ネズミ狩り」でした。

現在の可愛らしいヨークシャーテリアのイメージからは想像しにくいかもしれませんが、小さな体には似合わない勇敢さと負けん気の強さなどは、当時の名残かもしれません。

名前も体も段々小さく

ヨークシャーテリアは1861年に初めて展覧会に登場しましたが、その当時は「ブロークンヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア」という長い名前でした。そして1870年代に入って、やっと「ヨークシャーテリア 」という現在の名前でドッグショーなどに登場するようになりました。

ちなみに今でこそ 2、3kg ほどの重さのヨークシャーテリアは、はじめは 6、7kg ほどあったそうですので、現在と比べるとかなり大きな体をしていたことになります。そこから交配を重ねて段々と小型化していくことになるのですが、それには19世紀イギリスの上流階級の女性たちが大きく関係しています。

貴婦人に愛されたヨークシャーテリア

労働者階級の間で生み出されたヨークシャーテリアは、やがてその美しさがビクトリア朝後期の貴族や富裕層の婦人たちの目に留まり、愛玩犬としてブームとなりました。その過程で小型化が進み、より美しく優雅な被毛が追求され、現在にも残るヨークシャーテリアの姿が出来上がっていきます。

それにしても、当初は地方都市の織物工たちの家でネズミ退治をして暮らしていたヨークシャーテリアが、いつの間にかイギリス中の貴婦人たちの愛情を集める存在に変わるとは、考えてみればなんとも夢のある話ですね。

その後、第二次世界大戦の影響で一時的に激減してしまったヨークシャーテリアですが、戦後は順調に数を増やし、今では母国イギリスをはじめ、アメリカ、日本など世界中の愛犬家から根強い人気を獲得しています。

ただ可愛いだけではなく、テリアらしい気の強さも持ち、それでいてどこか気品も感じさせるという、独特の魅力を持つヨークシャーテリア。きっとわたしたちと同様に、かつてのビクトリア朝時代の貴婦人たちも、ヨークシャーテリアのそんなところを愛していたのかもしれませんね。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!