TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:犬の性格・特徴

失敗しない! ヨークシャーテリアの子犬の選び方

2015-06-13

Amebaなうで紹介 Twitter

小型犬の人気が高まっている近年ですが、その中でもチワワやプードル、ミニチュア・ダックスフンドなどに次ぐ人気を誇るのが、ヨークシャーテリアです。爆発的なブームを生むタイプではありませんが、いつの時代も根強い人気を獲得している、「安定型」の犬種です。

それだけに、これから小型犬を飼いたいと考えている方にとっても、身近な選択肢の一つとなる犬種ともいえるでしょう。では、そんなヨーキーの子犬の選び方についてご紹介しましょう。

健康をチェック

これから長い時間を共に過ごす大切なパートナーです。何はともあれ元気で人懐っこく、健康そうな子犬を選びたいものです。小型犬全般に言えることですが、ヨークシャーテリアも膝蓋骨脱臼が多く見られる犬種ですので、まずは歩き方を観察して、足を引きずっていたり、ふらふらしていたりしないかをチェックしてみてください。

また、可能であれば、鼻水や目やにが多くないか、下痢や柔らかい便でお尻周りが汚れていないか、口臭はないかなども確かめてみましょう。体つきは小さいほうが可愛く見えるかもしれませんが、子犬のうちは痩せているよりは丸々としているほうが安心です。

社交的で物怖じしない子犬を

生後2ヶ月を過ぎるている場合は、子犬それぞれの性格的な個性が現れ始めていますので、まずは子犬の様子をじっくり観察してみてください。

元気に周りの子犬とじゃれ合ったり、人間にも積極的に興味を示すような、社交的で人懐っこく物怖じしない犬は、家庭犬として理想的だと言えるでしょう。逆に他の犬と離れて隅っこにいたり、人間が近寄ると怯えたりするようなタイプの子犬だと、特に初めて犬を飼うという人は苦労をするかもしれません。

一般的に子犬の社交性は社会化期(生後3~12週)と呼ばれる時期に得た感受性に比例すると言われています。ですから、ブリーダーさんの元で長く親・兄弟たちと生活を共にした子犬は社交性が高い傾向があると言えるでしょう。どうぶつひろばがブリーダーさんを紹介している理由はここにあります。

艶のある健康的な被毛

ヨーキーは子犬と成犬で被毛の色が大きく変化する犬種です。

子犬の頃は全体がブラックで、顔の一部や四肢などにタンが混じった被毛をしています。一方、成犬では頭部と胸が金色がかったタン、胴体がダークスチールブルーという配色がスタンダードとされていますが、やはりそれぞれの犬によって変化の仕方に違いがあります。色合いに濃淡の差が出たり、チョコレートのようなブラックの部分が多少残ったりする場合もあるでしょう。

子犬の時点で成犬になった時の被毛の色を完全に見極めるというのは難しいですので、むしろ変化の仕方やその過程を楽しむくらいの気持ちで見守ってあげてください。とはいえ、なるべく艶があり、柔らか過ぎず固すぎない健康的な被毛が好ましいでしょう。

まとめ

特に小型犬はどうしても可愛さや小ささが優先されがちですが、これから命を預かるということを考えると、やはり健康面を最優先に見ておきたいところです。また被毛の色についてもあまりスタンダードに拘り過ぎず、是非、どんなふうに成長するのかを楽しみながら育てていってください。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!