TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:犬の性格・特徴

ボストンテリアのお散歩は必要?

2015-08-14

Amebaなうで紹介 Twitter

アメリカを代表する小型犬であり、日本でも常に一定の人気を保ち続けているボストンテリア。この「テリア」という名前を聞くと、猟犬で活発なイメージから、きっとたくさんの運動が必要な犬なんだろう、と考える人もいるかもしれませんね。

では、実際ボストンテリアはどのくらいの運動量を必要とする犬なのでしょうか。散歩時の注意事項と合わせてご紹介していきましょう。

散歩は体の大きさに合わせて

ボストンテリアは際立って多くの運動量を必要とする犬ではありませんが、さすがにチワワなどの超小型犬と比べると、もう少し運動が必要になります。

ボストンテリアは体の大きさによってライト(6.9kg未満)、ミドル(6.9kg~9kg)、ヘビー(9kg~11kg)の3つの階級に分かれていますが、やはり体の大きさに応じて必要な運動量が増えます。

日本でよく見かけるライト級、ミドル級のボストンテリアは朝夕の2回、20分程度の散歩で十分でしょう。ヘビー級になると、朝夕30分は散歩をしてあげたいところです。

また、ボストンテリアは非常に遊び好きな性格で、特にボール遊びなどを好みます。室内でも適度に遊びに付き合ってあげながら、ストレスを発散させてあげましょう。

暑さ寒さに気をつけて

ボストンテリアはシングルコートの短毛種であり、また鼻の短さから体温調節を苦手とします。つまり、夏の暑さにも、冬の寒さにも弱い犬種だということです。

飼い主さんにはこの点をよく注意して、夏にはなるべく涼しい時間帯、冬にはなるべく暖かい時間帯を選んで散歩に連れて行くなどの配慮が求められます。

特に夏場の熱中症は命に関わることもあるので要注意です。暑い日は長時間連れ出さず、こまめに水分補給をさせましょう。

クールダウンの練習を

闘犬として生まれたボストンテリアですが、現在では性格が改良され、温和で賢い家庭犬向きの性格で知られています。とは言え、やはりテリア系の血を引くだけあり、やや物事に熱中しやすい一面があります。

運動中や外で遊んでいる時、つい夢中になるあまり興奮してしまう可能性を考えて、あらかじめクールダウンの方法を覚えておくと良いでしょう。

犬が興奮してきたな、と感じたら一旦オスワリやフセで犬の行動をストップさせたり、遊びの最中であれば一旦ボールやオモチャを動かすのを止めて犬が落ち着くのを待つなど、興奮が一定のレベルを超える前に飼い主さんの側でコントロールしてあげましょう。

そして、きちんと落ち着くことが出来たら、ご褒美として遊びを再開してあげてください。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!