TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:犬の性格・特徴

ボストンテリアを飼うのに向いている人・いない人

2015-09-20

Amebaなうで紹介 Twitter

上品な毛並みと愛嬌たっぷりの表情で人気のボストンテリア。アメリカを代表する小型犬で、日本においても愛好家の多い犬種です。そんな「小さな紳士」ことボストンテリアですが、どんな人がこの犬種を飼うのに向いているのでしょうか。4つのポイントからご紹介していきます。

マンションや、小さな子どもがいる家庭でも大丈夫

ボストンテリアは基本的にムダ吠えの少ない犬です。その点からマンションなど、犬の鳴き声が気になる環境でも飼うことができます。また温和で家族に対して愛情深い犬ですので、小さなお子さんや他のペットがいるご家庭にも馴染みます。

ただし、家族との触れ合いを好む性格から、留守がちであまり構ってあげられないという人には向いていません。また、警戒心はそれなりにあるものの、番犬としての役割はあまり期待しないほうが良いでしょう。

温度管理ができる環境

ボストンテリアは暑さや寒さに弱い犬種です。特に短吻種ゆえに体温調節が苦手な稽古があるため、夏の暑さは特に警戒が必要です。そのため、屋外での飼育は極めて困難です。温度管理ができる室内で飼育できる人に向いています。

多少大げさに言えば、夏場はエアコンをフル稼動できるような環境が望ましいと言えます。

被毛のお世話に自信のない人でも大丈夫

ボストンテリアは短毛種であり、被毛のお世話にはそれほど手間がかかりません。あまりお手入れに長い時間をかけられる自信がないという人でも飼うことができるでしょう。

ただし、換毛。期のある犬種ですので、抜け毛の季節には普段よりこまめにブラッシングをして抜け毛を取ってあげてください。

しつけがしっかりできる人

賢く家族の心の機微にも敏感なボストンテリアですが、しつけが全く必要ない犬というのは存在しません。長い時間をともに生活していく上で、必要なルールはしっかり教えておく必要があります。

ボストンテリアは決して気難しい犬ではないものの、時折頑固な一面を見せたり、遊びなどに熱中するあまり興奮してしまったりすることはあります。そのような時に、ただ甘やかしたり、感情的に叱ったりするのは適切ではありません。

リーダーとして愛情を持ちながらも毅然とした態度でしつけが出来る人が、ボストンテリアを飼うのに向いていると言えます。

 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!