TOP ›どうぶつひろばコンテンツ

 どうぶつひろばコンテンツ
どうぶつひろばコンテンツRSS

カテゴリ:話題・オススメ情報

そこは楽園? 様々な動物が仲良く暮らす施設

2014-03-03

Amebaなうで紹介 Twitter
アメリカのアーカンソー州・ミッドウェイにある「ロッキーリッジ動物保護施設」。そこでは60匹もの異種動物たちが仲良く暮らしています。普段はなかなかお目にかかれない、さまざまな動物たちが交流する姿は、見ているだけでとっても癒されます。

この施設の創設者であるジャニス・ウルフさんは、少しでも多くの動物を救いたいという強い思いをもっているとのこと。その願いが動物たちにも通じたのか、現在の同施設内はさながら楽園の様相を呈しています。
 
施設内の様子
どんな動物たちが生活しているかと言うと、犬はもちろんのこと、鹿にカピバラにカメに子豚にアライグマにうさぎにスカンク、さらにはシマウマと多種多彩です。彼らが皆仲良く暮らしているとは驚きですよね。ジャニスさんとの絆も強そうです。
 
動物の福祉基準「5つの自由」とは
世の中には、無責任な飼い主のせいで命をおとしてしまう動物がたくさんいます。ジャニスさんの活動は、そのような残酷な人間に対して「愛の重要性」を訴えているのかもしれません。

たとえば国際的に認められている動物の福祉基準に「5つの自由(5 Freedoms)」というものがあります。これは、動物が適正な管理のもとで飼育されているかをチェックするものです。動物を飼われている方は、ぜひ今一度、見なおしてみてください。
 

1.飢えと渇きからの自由

「飢えと渇きからの自由」とは、「健康を維持するための食事とキレイな水や水分などを与えているかどうか」ということです。食事と水は命の源ですよね。
 

2.肉体的苦痛と不快からの自由

「肉体的的苦痛と不快からの自由」とは、「飼育環境が整っているかどうか」ということです。毎日ぐっすりと眠れていない、ストレスが溜まる飼育環境などの場合には、改善する必要があります。
 

3.外傷や疾病からの自由

「外傷や疾病からの自由」とは、「怪我や病気の予防と治療が行われているか」ということです。しっかり予防することと、いざという時には迅速な対応をすることが求められます。
 

4.恐怖や不安からの自由

「恐怖や不安からの自由」とは、「ペットが怖がっていたり、不安になっていないかをしっかりと確認しているか」ということです。もし恐怖や不安を感じているようなら、その原因を見つけて取り除いてあげます。
 

5.正常な行動を表現する自由

「正常な行動を表現する自由」とは、「その動物に適した活動環境が整っているか」ということです。それぞれの動物の特性に適した環境を構築してあげることが大切です。
共生を考えよう
人間も動物も、同じ生命体であることに変わりはありません。お互いが気持ちよく暮らすにはどうしたら良いのか。日頃から考えていきましょう。
 
 

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!