TOP ›飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

犬を飼う際のイベントと対応方法についてまとめてみました

犬を飼いたいけども飼う前に、そして飼いはじめてから何をしたらいいかわからない。犬を飼うと必要になるイベントやその対応方法について順番にまとめてみました。

子犬決定!

ブリーダーさんとじっくりお話をして運命の子を決めましょう

ブリーダーさんとじっくりお話をして見学をして、運命の子犬を決定します。ブリーダーさんや子犬の状態によってはその日にお譲りできる場合もありますが、通常はワクチン接種や健康診断、シャンプーお渡しなどをするため、後日のお渡しとなります。見学に行かれる方は注意してくださいね。

子犬受け取り

子犬は専門知識を持った方から受け取りましょう

子犬の受け取りはブリーダーさんや代理店など、専門知識を持った方から直接受け取られることを強くお勧めします。

飼育環境を準備しよう

まず最初に揃えておきたいのはこんなものです。

サークル

ここが子犬の縄張りになります。子犬がある程度自由に動け、クレート、トイレトレー、フード入れ、水飲みが置けるスペースがあればそれほど広くなくても構いません。

クレート

子犬の住家です。子犬が中で向きを変えられるぐらいのスペースがあれば、あまり大きなものは必要ないとされています。お出かけなどの際に持ち運びしやすいものがいいでしょう。

ペットシーツ

ポリマー吸収材によって水分や臭い漏れを防ぐものが市販されています。中には子犬がそこでトイレをしたくなるような匂いが付いたものもあります。トイレトレーの中に入れて使ってください。

トイレトレー

子犬のトイレです。ペットシーツだけを置いておくとイタズラ好きの子犬はひっかいてくちゃくちゃにしてしまうこともあります。トイレトレーにペットシーツを入れて使用すると便利です。

水のみ

忘れずに用意してください。いつでも飲めるようにしておくことが理想ですので、踏んでひっくり返したりしないようにサークルに取り付けられるものを選ぶとよいでしょう。

フード入れ

フードを与えるときに使用します。金属・プラスチックなど色々とありますが子犬の大きさを考えてお好みのものを選ぶとよいでしょう。ひっくり返さないように安定感があるものがよいですね。

おもちゃ

1つぐらいはあってもいいのではないでしょうか。特に家を留守にしがちの飼い主様の場合、一人で遊べるものがあった方がいいですね。何より見ていて楽しいです(成長と共に興味が移っていきますが、、、)。

動物病院を調べておこう

動物病院を調べておきましょう

幼い子犬はよく動きますし病気にもかかりやすいです。もしもの時に連れていける動物病院の位置を調べておきましょう。ご近所の方に評判を聞いてみるのがいいですね。できれば2つは把握しておいてください。人間と同じくセカンドオピニオン(別の獣医さんにも確認すること)が有効なことがあります。

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!