TOP ›トイレトレーニング(しつけ)徹底解説!

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説!

トイレトレーニングを始めよう

ワンちゃんのしつけの中でも難しいとされるのがトイレトレーニング。実際にしつけに失敗し、おうちの中に嫌な臭いが充満してしまっているご家庭も多いのではないでしょうか。このような状況は不衛生なだけでなく、ご訪問されたお客様などにも申し訳ないですよね。

ワンちゃんがおうちにやってきたら、早速トイレトレーニングを始めましょう!

1. トイレを覚えやすい犬種・覚えにくい犬種

犬にはトイレを覚えやすい犬種と覚えにくい犬種がいるって知っていましたか? その原因が先祖から遺伝的に受け継がれた遺伝なのか詳しいことは分かっていませんが、犬は犬種によってトイレの覚えやすさが違います。あなたのワンちゃんはどうですか?


トイレを覚えにくいからと言って、全く覚えてくれないわけではありません。トイレトレーニングは時間のかかるしつけと割り切って根気よく続けていくことが大切です。

2. 準備するもの

トイレトレーニングを始めるために、まずはトレーニングのための環境作りをしましょう。

1. トレーニングが出来る十分な時間
トイレトレーニングが出来る時間を確保しよう

トレーニングはワンちゃんのおしっこのタイミングを逃さずに行う必要があります。いつしてくれるか分からないトイレを待つのはとっても大変ですし、毎日行うのはさらに大変です。 家族の協力を得るなどして、まとまった時間と期間、トレーニングが出来るよう準備しましょう。

2. フローリングのお部屋

トイレトレーニングには粗相が付きもの。万が一、床などにおしっこをしても大丈夫なよう、フローリングのように水滴や便が染み込まない場所を準備しましょう。また、そのような場所がない場合は、ビニールシートや新聞紙を敷くなどすれば良いでしょう。

3. ペット(トイレ)シーツ
ペットシーツを準備しよう

一般的に市販されている吸収剤入りのペットシーツでも構いませんが、可能であれば布製のペットシーツを用意してください。その理由は2つあります。

1つ目の理由は、子犬の頃は何にでも興味を持ち、じゃれたりしてグシャグシャにしてしまうことがあります。布製のペットシーツなら中身が飛び出てお祭りになることがありません。

2つ目の理由は、布製のペットシーツは、ある程度ワンちゃんのおしっこの臭いが染み付くので、本能的に排泄を促してトイレを覚えやすいことがあります。また、何度も繰り返し洗って使えるので経済的なこともあります。

布製のものがない場合は、右の画像のようにトイレトレーを使ってペットシーツを中に入れるようにすると良いでしょう。

4. サークルまたはケージ
サークルまたはケージを準備しよう

トイレをさせる場所を分かりやすくするために用います。ワンちゃんの大きさに応じて最適なものを選んでください。ワンちゃんが中に入ってある程度自由に動けるものであれば、それほど大きなものでなくても大丈夫です。

また、ワンちゃんが中から出られないように出来るものを選んでください。

5. ペット用消臭剤

トイレに失敗した場合に臭いを消すために使用します。臭いが残ったままだと、再びその場所でトイレをしてしまうことが多いので、しっかりと消臭できるものを選びましょう。

一般的には次亜塩素酸水(次亜塩素酸ナトリウムではない)、または安定化二酸化塩などの消臭剤が知られていますが、後者の二酸化塩素系の消臭剤は類似商品が多く、国民生活センターへの相談も相次いで寄せられていることと、超音波加湿器等での空間除菌が難しいことがありますので、次亜塩素酸水を用いた消臭剤をオススメします。

どうぶつひろば自身がその効果を確認し、自信を持ってオススメできる消臭・除菌剤は「ペティッシュ -Petish-」です。ぜひ一度ご覧ください。

3. トイレ作り
トイレトレーニングの場所を決めましょう

まずはトイレをさせる場所を決めましょう。この場所は将来ずっとトイレになりますから慎重に決めてください。どうしても場所がない場合は、お風呂場を代用する方法もあります。

場所が決まったら、そこにサークルを置き、ペットシーツを敷きます。シーツを組み合わせるなどして隙間が出来ないように敷くのがベストです。

既に何度かトイレに失敗し、排泄をする位置がある程度定まっている場合は、そこをトイレにする方が、覚えるまでの時間が短くてよいかもしれません。

4. トイレのタイミングとサインを掴もう

ワンちゃんが排泄をしやすいタイミングが3つあります。ワンちゃんによって個体差がありますが、たいていはこのどれかのタイミングで排泄するはずですので、まずはそれを掴んでください。

1. 寝起き直後

人間と同様、寝ている間は脳の働き(交感神経)が抑えられ利尿意欲が低下しています。朝起きると脳の活性化に伴ってそれまで押さえられていた排泄欲が高まり、排泄したくなります。

2. 食後

こちらも人間と同様、ものを食べると「胃・大腸反射」と言って胃腸の働きが活発になり、排泄欲が高まります。

3. 運動後

食後に少し時間を置いて軽く運動をさせてあげましょう。運動することで「胃・大腸反射」が起こり、排泄欲が高まります。大型犬の場合、食事の直後に運動すると胃捻転を起こす危険性がありますので注意してください。

サインを見逃すな!

おしっこをする際にはワンちゃんは独特のしぐさを見せてくれます。例えば、地面のあちこちをクンクンと嗅ぎまわったり、同じ場所をクルクル回ったり、壁などをガリガリと擦ったり。これらのサインが見られたら、排泄のサインです。

5. トレーニングの手順

トイレのトレーニングは次の3つの段階に分けてレベルアップしていくと分かりやすいと思います。

第1段階(飼い主がトイレに入れる)
1-1. ワンちゃんの行動を観察しよう
フロア前面にペットシーツを敷き詰める方法

ワンちゃんが起きてからの行動をずっと観察します。最初のうちはワンちゃんの挙動が掴めず、気が付いたらトイレを始めていたことになりやすいですが、何度か観察することで行動パターンが読めてきます。

また、行動パターンが読めてもワンちゃんはすばしっこいので、逃げられてしまうこともあります。そんなときはリードを使いましょう。あらかじめリードをつけたまま遊ばせておけば、サインを見つけてすぐに捕まえることが出来ます。

1-2. トイレに連れて行こう

トイレのサインを見つけたらすぐにトイレに連れて行きます。中に入れ、排泄するまで出しません。ワンちゃんがその場所で排泄したくない場合、出してほしくて吠えたり飛び跳ねたり、周りをガリガリしたりするでしょうが、排泄するまでは出しません。

また、このときに「シーシー」「トイレ」など排泄を促す掛け声を掛けてあげると、後に掛け声だけでおしっこをしてくれるようになることもあります。

排泄するまでとても時間がかかることがありますが、それでも排泄するまでは出しません。根負けして出してあげると、出した直後にしてしまうことが良くあります。ワンちゃんは排泄をしたくて「出して~」と言っているのですからね。

1-3. トイレから出して褒めてあげよう

上手に排泄が出来たら、トイレから出して「シーシーできたね」などと言っていっぱい褒めてあげましょう。最初のうちはなぜ出して(褒めて)もらえたか分からないワンちゃんも、日を重ねるごとにトイレとの関連付けが理解出来てきます。

1-4. 繰り返し行う

このパターンを毎日毎日続けていきます。最初は排泄までに時間がかかっていたのが、次第に短くなってくるはずです。

1-5. 扉を開けたままにしてみよう

少し覚えたかな?と思ったら、トイレに入れた後、扉を開けたままにしてみてください。排泄せずにすぐ外に出たがるようならまだダメです。トイレの中で排泄できるようになったら次の段階です。

第2段階(トイレに入ることを覚えさせる)

まずはトイレの入り口を開けておいてください。今まではトイレのサインを見つけて、飼い主さんがトイレに入れていたのを自分からトイレに行って排泄するようにしていきます。

トイレのサインを見つけたら飼い主さんがトイレに入れるのではなく、「トイレ」の掛け声や、お尻を押して誘導したり、リードを使うなどしてトイレに入らせます。トイレから出たがるようなら扉を閉めます。そこで排泄できるようなら開けたままでも良いでしょう。

これがうまく出来るようになればいよいよ最終段階です。

最終段階(自分からトイレに入る)

最終段階はトイレのサインを見つけたら「トイレ」や「シーシー」と掛け声を掛けてあげます。自分からトイレに行って排泄をするようになれば完璧です。できなければ第2段階に戻ってやり直しましょう。

賢いワンちゃんなら掛け声が無くても自発的にトイレに行ってくれることもよくあります。

6. 失敗したときの対応
排泄することはいけないこと?
トイレに失敗しても叱ってはいけません

ワンちゃんは人間ほど賢くありません。トイレをしてそれを叱られても、それが自分の排泄物であることは分かっても、その場所で排泄することがいけないなどとはとても理解できません。そればかりか排泄をするたびに叱られれば、「排泄=いけないこと」と覚えてしまいます。

その結果、ワンちゃんは飼い主の前ではひたすら排泄を我慢するようになります。これが健康上良くないことはお分かりになりますよね。間違ったしつけはいろいろな意味で問題です。

隠れて排泄する

いくら我慢しても出したいものは出したい。でも出すと叱られる。こうなるとワンちゃんは飼い主に見つかりにくい場所を探して排泄するようになります。とは言え、もちろん見つかりますから、飼い主にとってはさらに掃除のしにくい場所に排泄されることになり余計に手間が増えてしまいます。お互いにとって何のメリットもありません。

どうすればよいのか?
トイレトレーニングに困ったら

間違った場所で排泄したら、ワンちゃんとは一切目を合わせず、無言で片付けてください。そしてその後しばらく相手をしない。トイレで排泄したときにいっぱい褒めるのは、失敗したときとの対比を強調させる意味があります。

ワンちゃんにとって辛いのは飼い主に無視されることです。排泄すればいつも褒めてくれるのに、今回はなんだか冷たい。最初はその理由がわからなくても、構ってほしくて仕方ないワンちゃんは、きっとその理由に気が付きます。ワンちゃんの性質をうまく利用してトイレを覚えさせましょう。

ちなみに失敗したときに相手をしたり話しかけたりすると、ワンちゃんは構ってもらえたと理解します。その結果、飼い主の気を引くためにわざと粗相をすることさえあります。

もう1つ、ワンちゃんは喜びのあまりおしっこをしてしまうことがあります。俗に「うれしょん」と言うのですが、これは可愛いワンちゃんの可愛い愛情表現ですから好意的に受け入れてあげてください。

7. 成功のためのコツ

トイレトレーニングはワンちゃんによって当たり外れもあるので難しいところですが、以下のようなポイントに気をつければトイレトレーニングは楽になるでしょう。ワンちゃんを譲っていただく前からトレーニングに気を配れるとベストですね。

  • トイレを覚えやすい犬種を選ぶ(可能であれば)
  • トイレトレーニングの出来ている子を譲ってもらう(可能であれば)
  • なるべく早い時期から始める
  • 譲り受ける前にいた場所と似た環境で実施する
  • トイレにはおしっこの臭いを残しておく
  • ワンちゃんのハウスとトイレをなるべく離した場所にする
  • トイレの位置や環境をコロコロ変えない
  • 褒める・無視するのメリハリをつける
  • リードを使って行う
8. 別の方法
フロア前面にペットシーツを敷き詰める方法

巷を見回すと、別のトレーニング方法を紹介しているものを見かけます。その1つがフロア一面にペットシーツを敷き詰める方法です。

部屋を決め、その部屋全体にペットシーツを敷き詰め、最初は好きな場所でトイレをさせます。トイレをしたらその場所から最も遠い位置にあるトイレシートを外します。

ワンちゃんのトイレポイントは大体決まっていますので、これを繰り返すとトイレ位置周辺にだけペットシーツが固まることになります。これでトイレの位置を覚えさせると言う方法です。もちろん失敗すればシーツの範囲を広げてやり直しです。

この方法は、まずペットシーツがたくさん必要になることと、ワンちゃんがシーツの上を歩くことでシーツがすぐにグチャグチャになってしまうこと、ワンちゃんによってはシーツで遊んでしまってトレーニングにならないこと、トイレにさせたい位置を飼い主が決められないことなどがあるため、どうぶつひろばとしてはあまりオススメしません。

必見!お役立ち情報

気になる犬の生涯費用

気になるお金、犬の生涯費用

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

徹底比較! どこで買いますか

徹底比較! どこで買いますか

餌代や予防注射など、おおよその生涯費用をご紹介

目的別、飼いやすい犬種

目的別、飼いやすい犬種

「飼いやすい犬種はどれですか?」にお応えします!

飼う前に必要なこと

飼う前に必要なこと

初めて飼う方でも安心。 飼う前に知っておいて欲しい事

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから必要なこと

飼い始めてから注意頂きたい事

年齢早見表

年齢早見表

とっても分かりやすい犬の早見表をご紹介します

トイレトレーニング徹底解説

トイレトレーニング(しつけ)徹底解説

難しいトイレトレーニング(しつけ)もこれを見れば簡単!

どうぶつろばコンテンツ

新着コンテンツ

楽しくって役立つ豆知識が満載!どうぶつひろばのオリジナルコンテンツ。ぜひ見てね!

子犬出産情報ブログ

子犬出産情報ブログ

子犬の新着出産情報やブリーダーさん情報などを日替わりで毎日お届けします!